ギフト利用も好評です →

ペット肖像画製作所 春の特別キャンペーン2022を3月19日から開催します!

ペット肖像画製作所 春の特別キャンペーン2022のアイキャッチ画像

年に2回開催される、横浜元町ショッピングストリートの大イベント元町チャーミングセールが、2022年3月に開催決定!

…ということで横浜元町にあるペット肖像画製作所でも、ペット肖像画製作所 春の特別キャンペーン2022を実施いたします!

元町チャーミングセール開催中のペット肖像画製作所の写真
チャーミングセール中の様子

元町チャーミングセールが開催されて60周年となる2022年をアニバーサリーイヤーとし、このイベントが始まって史上、最初で最後のサプライズとして…

春のチャーミングイベントは先月2月の開催に続き、特別に2ヶ月連続で実施されます!このイベント会期中には、ペット肖像画製作所 春の特別キャンペーンを2022年3月19日(土)~27日(日)の日程で開催しますので、気軽にお立ち寄りください。

※ゆっくり落ち着いてお話されたい方は、ご予約がおすすめです。
※22日(火)・23日(水)はCLOSEしますのでお気を付けください。

チャーミングセールとは?
横浜元町ショッピングストリートで年に2回(春と秋)開催される、街を挙げての一大セールのこと。

ペット肖像画製作所は、横浜元町ショッピングストリートに所在するアートギャラリーフジムラコンテンポラリーアートの中にあります。

目次

ペット肖像画製作所について

ペット肖像画製作所内の写真
可愛い作品であふれています

ペットの本格肖像画を取り扱っているペット肖像画製作所。

5種類の画材(鉛筆・水彩・コンテ擦筆・油彩・色鉛筆)からお好きなタイプをお選びいただける珍しい受注スタイルで、それぞれの画材に特化した5人のアーティストが描きます。

  1. 鉛筆画(Misa)
  2. 水彩画(Sayuri)
  3. コンテ擦筆画(Chito)
  4. 油彩画(Nori)
  5. 色鉛筆画(ひろひこ)

ペット肖像画製作所内には、完成見本作品がたくさん飾ってありますので、ご自身のペットに置き換えて完成イメージの参考にしていただければと思います。

ご注文はいたって簡単!

飼い主様目線でお選びいただいた可愛いペットのお写真をご提出いただくのみです。

なお、ペット肖像画製作所のこだわりは、動物たちの姿をそのままそっくりに描く本格的な絵画であること!

よって、現実的な写真のリアルさとも異なる…
サッと描いたイラストとも異なる…
愛おしい我が子の極上絵画♪といった塩梅です。

今回の記事では、各画材・作家のおすすめポイントをご紹介します。

「自分ちの子だったら…どうかな?」などと、楽しく想像を膨らませながら、お読みいただけると嬉しい限りです!

1. 鉛筆画の紹介(Misa)

鉛筆画の完成写真
鉛筆画 完成作品(看板犬 じゅん)
鉛筆画の参考写真
鉛筆画 参考写真(看板犬 じゅん)

鉛筆画は女流画家Misaが描く、ストーリー豊かなモノクロ画。

リアルな写実画にもかかわらず、主人公であるワンちゃん・猫ちゃんの性格や雰囲気をも画面背景に映し出すあたりは…自らもペット(トイプードル)を飼う経験が生かされているのでしょう。

当然、誰もが知る鉛筆ですので画材自体は特別なものではございません。

しかしながら、このシンプルな画材をmisaなりに駆使してグラデーション、毛並の層、瞳の輝きなどを描きだしていく様は、個性とともにMisaのスキルが光る部分。

モノクロとは思えない明るさを作品からお感じいただきたいと思います。

フジムラコンテンポラリーアートの看板犬じゅんの写真
フジムラコンテンポラリーアートの看板犬「じゅん」

ミニチュアダックスのじゅんは、ペット肖像画製作所が入るギャラリー「フジムラコンテンポラリーアート」の看板犬!とは言え、シャイな性格なので、毎日看板犬しておらず、ときどき気ままに出勤しています。

今回ご紹介した鉛筆画のチャームポイントは、寝顔であることとベロがちょっとだけ出ていること☆

最初はどなたも笑顔でお目目ぱっちり系の参考写真をもとにご注文するのですが、これまでペット肖像画を複数回注文している私の場合は、ついに“寝顔”に到達してしまいました(*^^*)

少しはみ出たベロが情けないと申しますか、緩すぎる表情と申しますか…じゅんらしさを表していると感じています。

肖像画は固い印象があるかとも思いますが、飼い主様目線で「これが好き!この子らしい…!」というお気持ちが大切だとも感じます。

2. 水彩画の紹介(Sayuri)

水彩画の完成作品
水彩画 完成作品(レオ君)
水彩画の参考写真
水彩画 参考写真(レオ君)

水彩画はベテラン女流画家Sayuriが描く、透明感ある柔らかな仕上がりが特徴的。

水彩は多くの方が義務教育の中で使用した経験がある画材でしょう。
当時の自らの作品を思い出しながら展示作品を眺めていただきたいと思います!

最も驚く点は、重ねた水彩絵具を目の当たりにできること。

水彩画の完成作品写真
水彩画 完成作品(力くん&蛙声くん)

水に溶ける淡い絵具の重ねられた層が、動物達の毛並みを著しくリアルに表現。それを展示作品から直に見とることができます。

また作品をよく見てみると、下絵で使用された鉛筆がうっすらと見えます。 これもすべて完成時に見えるべくして描かれた線のひとつひとつです。

多くの方が描いたことのある水彩だからこそ、美しさと繊細さ、そして“驚き”は圧倒的です☆

3. コンテ擦筆画の紹介(Chito)

コンテ擦筆画の完成写真
コンテ擦筆画 完成作品(メメちゃんとパパママ)

次にご紹介するのは、Chitoが制作するコンテ擦筆画。

コンテと聞いてすぐに画材の素材感が思い浮かぶ方は少ないかと思います。見た目ではクレヨンに似ていますが、油分が含まれていないため固く粉っぽい画材です。

このコンテというかなりハードルの高いマニアックな画材を操るのは、もともと肖像画家として長く経験を積んできた60代の男性画家Chito。

コンテ擦筆画の完成作品写真
コンテ擦筆画 完成作品(シャオロンくん)

多くの人物肖像を制作してきた中で、現在はペット肖像(動物)も制作しており、コンテに限らず、他の画材でも肖像画を極めてきた画家のため、写実に長けています。

ただ、コンテで描くには塗り重ねも不可能、水で溶くぼかしやにじみも使えず…実は画材そのものの使いこなしが難易度MAX!

ペット肖像画製作所の所属アーティストの中で最も手数(塗り重ね)が少ないアーティスト、画材です。とても少ない筆跡の中で、動物たちの表情や毛並、動き、温かさなどを描き上げていかねばならないのです。

これは芸術の世界でも非常に稀でむずかしいものだと断言できる画材です。 ギャラリーで鑑賞なさる際には、コンテ特有の粉っぽさを、ぜひともご覧くださいませ。

4. 油彩画の紹介(Nori)

油彩画の完成作品
油彩画 完成作品(もじゃるまる君)
水彩画の参考写真
油彩画 参考写真(もじゃるまる君)

油彩画は女流画家Noriが描く細密画。

まず、油彩画と言うと皆様はどのような表面を想像なさいますか?

ぽってりと厚塗りされた重ための油絵具が、パレットナイフで高低差をつけられたような…いわゆる美術館で目にする古典的な絵画、大作をイメージしませんか?

油彩画は水彩画と異なり、塗り重ねられた下の部分は基本的には見えなくなります。

だとするとペットの毛並み表現をリアルに、自然に、ふんわり見せるとするとなると、どのような工夫が必要でしょうか?

油彩画の完成作品写真
油彩画 完成作品(あんずちゃん)

動物たちの毛並みでも、肌に近い部分に生える細い毛と表面に生える毛は異なります。幾重にも重なることで体温調節をしたり、肌を守ることにつながるようできています。

本格肖像画をご紹介する際に最もこだわったのが、これらの仕組みを理解し、絵具や筆で表現すること。

もっと言うと表面的に似せて描くのではなく、複層から成る体毛のありのままを限られた絵画の技術で表現する極みのような部分を大切に考えました。

この油彩画家Noriは、作品表面の絵具が盛られてなく、薄付きです。

ですが、フワっとした柔らかな毛が動物のちょっとした動きで揺れる…そんな部分まで見て取れる、細密表現に長けている画家です。

マジマジと眺めてみると、とっても感動する作品です。

5. 色鉛筆画の紹介(ひろひこ)

色鉛筆画の完成作品写真
色鉛筆画 完成作品(ハイジちゃん)
色鉛筆画の参考写真
色鉛筆画 参考写真(ハイジちゃん)

続いてご紹介するのは色鉛筆画家ひろひこです。

ひろひこは、ご縁ありペット肖像画の受注を開始した際、初めてご契約させていただいたアーティスト。ご協力下さるアーティストが増え、ここまで幅広くご紹介できるようになったのも、すべてひろひことの出逢いあってこそ。

スタッフとしては出逢いのありがたみ、まさに今があるのはひろひこのおかげ…一言で言うなら感謝です。

また、この色鉛筆という画材。こちらも皆様、一度は使用した経験がある身近な画材かと思います。幼いころに塗り絵をした方も多いのではないでしょうか?

では、ご自身が塗った塗り絵を思い起こしてみてください。

いかがでしょう?
ひろひこ作品との違い、感じることはできますか?

色鉛筆画の作品完成写真
色鉛筆画 完成作品(モモちゃん)

一般的に色鉛筆を使用した塗り絵は、筆圧をかけて塗るため、色鮮やかに着色できる反面、どうしても光沢感が生まれ、反射してしまいます。

その点、ひろひこ作品の色鉛筆は色鉛筆とさえも感じさせないような質感表現で仕上げられています。

この答えは筆圧の違いです。

長年ひろひこが追求してきた技術の賜物です。

このふんわりしたタッチ、画面(紙)の上に乗った色鉛筆の粉のような質感、そこからあふれ出る柔らかなニュアンス。

色鉛筆ならではの質感をお楽しみいただきたいです。

ペット肖像画製作所はペット同伴でのご来店OK

横浜駅のみなとみらい線に掲出されているチャーミングセールのポスター写真
横浜駅でもたくさん宣伝されています!

2022年2月のチャーミングセールも盛況でしたが、

元町チャーミングセール2022春3月のチャーミングセールポスター写真

2ヶ月連続の3月も活況が見込まれます。

ペット肖像画製作所でも、元町チャーミングセール期間中に特別キャンペーンを実施!

ペット肖像画製作所のイベントの様子
ペット肖像画製作所1階 展示の様子

天気の良い日には、1階入口にて本物の絵画を展示しながらイベントも行う予定です。

お散歩中に「えっ!!これ手描きの本物の絵なんですか!?」なんて会話も日常的なセール期間中♪

そしてなんと、ペット肖像画製作所が入るアートギャラリーは、

ペット同伴可能なペット肖像画製作所の様子
お散歩の途中でもお立ち寄りいただけます♪

ペット同伴でのご来店もOKです!

ペット同伴可能なペット肖像画製作所の様子

ワンちゃん&ネコちゃん、ときどきウサギさん、極まれにインコさんやオウムさんも来店してくれます。

アートギャラリーにペット同伴で一緒に入店できるというのは、大変まれなケースだと思いますが、これが成しし得るのもペットに優しい元町ならではです。

ペット肖像画製作所にはペット好きなお客様が多くご来店されますし、特にチャーミングセール期間中は初めての方もたくさんいらっしゃいます。

どうぞお気軽に足をお運び下さいませ。

チャーミングセールとは?
横浜元町ショッピングストリートで年に2回(春と秋)開催される、街を挙げての一大セールのこと。

ペット肖像画製作所 春の特別キャンペーン2022 開催概要

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる